株式会社HAPPY PRICEで働く
若手メンバーを紹介します。

社員紹介

02

泉 峻成

海外事業部 国内チーム
入社4年目(2015年慶応義塾大学卒業)

自分の想いを受け取ってくれて、理解してくれる人たちが当社にはいます

海外で活躍できる仕事をしたいという漠然とした想いの中で、社長と話す機会があったんです。ビジョンと会社の方向性の話を聞かせてもらう中で、刺激的な環境で働きたいという想いを伝えると、「やってみたらいいよ」と後押ししてもらい、ここで働くことを決めました。
一般的に、最初は知識をつけて、国内でスキルを磨いてから、海外でも買い付けに挑戦していくというのが通常の流れだと思います。当社は違います。海外が目標なら、海外での仕事からスタートできます。「ロレックス?聞いたことはあるな。」ぐらいの知識でも、まずはやってみる、責任は私がとるよと上司が送り出してくれるんです。

新しいことに出会う、刺激的な仕事

私は、海外のオークションに買い付けに行く業務を担っています。
オークションの醍醐味ともいえるのですが、 自分がつけた値段がこれであっているのかどうか、そしてうちのお客様にも売れるかと、実際に商品が売れるまでドキドキします。
それでも、売れる商品を買い付けることができて、お客様に喜んでもらえる、そうした成功体験を積み重ねていくことで、自分の中で、これと思える方法がだんだんと見つかっていきます。
まだまだ知らない時計も多い中で、新しい時計に出会った時の高揚感はこの仕事の楽しみの一つだと思います。どんな価格で市場に出回っているのか、ニーズはあるのか、探求心が刺激される出会いの連続です。

何がしたいか分からなくて大丈夫!今からやりたいことを見つけて、やってみたらいいんです。

私自身も時計には全く興味もなく、ただ漠然と海外で働ける仕事がしたいと考えていたんです。
でも、当社で働く中で、どんどんやりたいことが見えてきました。何か明確にこれがやりたいという目標やビジョンがなくてもやりたいことが見つかる会社だということが当社の最大の魅力だと思います。
大企業だとやりたいことがなかなかできない環境だったり、スタート地点に立つまでのステップも多いことがほとんどです。
でも、当社ではダイレクトに社長とミーティングできて考え方も共有でき、スタートダッシュを切ることができます。
チャレンジ精神があれば、やりたいことを当社で見つけることができると思いますよ。